タイ-ミャンマー(ビルマ)国境で織られる布

 

タイ-ミャンマー(ビルマ)国境のカレン族の村で織られる布と『織り人』製品

『織り人(Orijin)』のバッグやポーチなどに使っている布は、タイとミャンマー国境沿いのミャンマー側で織られている布で、
多くはタイ側のミャンマー難民キャンプ内で売られている布です。

小川にかかる小さな橋を渡ればそこはミャンマー(ビルマ)。
橋を渡ってすぐの村では、あちこちから機織りの音が聞こえてきます。

 

 

 

カレン族の人たちが男性も女性も腰に巻いて使う「ロンジー」のための布は、幅が1mほど必要なため、
カレン族伝統の腰機ではなく、写真のような高機で織られます。

足を使い、手を使い、全身を使って精神を集中させ織っていく、とても重労働な作業です。
ここで織られた布の多くは、タイ側の布問屋に持ち込まれミャンマー難民キャンプ内で販売されています。

 

 

 

タイ-ミャンマー(ビルマ)国境のカレン族の機織りの未来は・・・

最初のミャンマー難民キャンプが設置された1984年から30年以上。
ようやく2016年10月には、本格的な母国ミャンマー(ビルマ)への帰還事業も始まりました。

徐々に規模が小さくなり、いずれは“なくなること”が前提で、それが望ましい難民キャンプという存在。

しかし、難民キャンプがあることで成り立っていた“仕事”がたくさんあるのも事実であり、そのために引き継がれてきた伝統技術があります。
その一つが、“機織り”です。

今までは、ある程度“仕事”として成り立っていたため、織り子さんたちの中にはまだ、若い女の子や男の子たちの姿も見られましたが、それはあとどのくらい続けていくことができるのでしょうか。

若者たちにとって、“機織り”が未来を夢みることができる“仕事”になりうるのでしょうか...。

1970年代、ラオス難民モン族の人たちの刺繍やアップリケの技術が、難民キャンプから世界へ広がり、有名になったように、難民キャンプという“限られた”“閉鎖的な”空間が、カレン族の機織りの技術の伝承にひと役買い、一時期の若者たちを支えていた(いる)というのは本当に皮肉なことだと思います・・・。