orijin.asia

伝統文化

タイで中国旧正月(春節)を祝う

リス族の新年のお祭りのあと、タイ北西部の町タークへ戻ると、中国旧正月(春節)の獅子舞が町を練り歩いていました。 タイの中国旧正月(春節)のお祝いは、バンコクの中華街ヤワラートが有名ですが、タークの春節も盛大で、龍と獅子舞が爆竹の音の中...
リス(Lisu)族

おしゃれなリス族の民族衣装

リス族の女性の民族衣装は、長袖のロングワンピースの上に、スカートと同じ丈の袖のないチュニックを重ね着するもので、チュニックの両脇には、腰あたりまでスリットが入っているので、ベルトをすると、ちょうど前掛けをしているようになります。 モン...
リス(Lisu)族

リス族のお祭りに欠かせない伝統楽器

リス族の新年のお祭りは、男性が奏でる伝統楽器の音に合わせて、輪になって歌い、踊り続けるものです。 楽器を弾く男性は、輪の一番内側で、踊りに合わせて、弾きながら一緒にまわっていきます。 お祭りで使われていたのは...
リス(Lisu)族

踊り明かすリス族の新年のお祭り

リス族のお正月のお祭りは、数日間(およそ3日間)、歌と踊りが続きます。 男性も女性も一緒に、音楽に合わせて、輪になって、歌い、踊り続けます。 村の中にある広場に、徐々に村人が集まり始めると、男性陣がリ...
リス(Lisu)族

リス族のお正月おもてなし料理

2年前の旧正月の頃、ちょうどタイ北西部の町に滞在している時に、近くのリス族の村で新年のお祭りがあると聞き、行ってみることにしました。 お祭りがあるというリス族の村をなんとか探し出し、村の中の会場に到着すると、お...
リス(Lisu)族

リス族の新年のお祭りと儀式の場所

2018年2月の旧正月(16日)の頃、手織り布を仕入れにタイ北西部の町に滞在していた時、ちょうどリス族の新年のお祭りがある(らしい…)という話を聞き、どこの村で開催されるのかは、はっきりわからないまま、いつものように、”行ってみたら見つかる...
モン(Hmong)族

2020新年のご挨拶

あけましておめでとうございます! 本日1月6日(月)より、通常営業となります。 写真は、タイ北部モン(Hmong)族の村の食料品店。 町中からはだいぶ離れたラオス国境近くの小さな村ですが、新鮮な野菜やお肉が並び、朝早くから村の人た...
モン(Hmong)族

モン(Hmong)の子どもの民族衣装

今日はモン(Hmong)正月。 モンのお正月は、新米の収穫後の新月の日にあたり、今年はちょうどクリスマスの日。 今日はモン正月だよ、と連絡があり、なつかしくなり、去年の写真を見返してみました。 かわいら...
いろいろな話

村の子どもたちと『マレットファン』のえほん展へ

『織り人(Orijin)』が応援している『マレットファン(夢のたね)』は、数年前から、12月頃に、タイ北部チェンライ県でえほん展を開催するようになり、現在では、チェンライ県だけでなく、チェンマイ県でも開催するようになり、今年は初めてパヤオ県...
おすすめの本DVD

移動する人々~多様性から考える

今年2019年3月発行の「移動する人々~多様性から考える(晃洋書房)」の中で、ラオスから難民としてフランスへ渡ったモン(Hmong)の人たちが農民として定着していく事例があげられている。 他者による支配を嫌い、中国南部からラオスへ南下...