民族

カレン(Karen)族

タイ-ミャンマー(ビルマ)国境で織られる布

タイ-ミャンマー(ビルマ)国境のカレン族の村で織られる布と『織り人』製品 『織り人(Orijin)』のバッグやポーチなどに使っている布は、タイとミャンマー国境沿いのミャンマー側で織られている布で、 多くはタイ側のミャンマー難民キ...
モン(Hmong)族

モン族の歴史と伝統文化

モン族の人たちは、長い歴史の中で変わらず受け継いできた刺繍やアップリケの技術により、難民キャンプ内の生活の中でも、民族の誇りと文化を忘れることがありませんでした。 モン(Hmong)族は、現在、中国南部、ベトナム、ラオス、タイなどの山岳地...
モン(Hmong)族

モン族のリバースアップリケ

モン族の“リバースアップリケ” モン族の女性たちは、細かなクロスステッチ刺繍を得意としていますが、その他にもアップリケの技術にもたけています。 “アップリケ”とは、ラテン語の「貼る」「付ける」という意味が語源で、土台となる布の上...
モン(Hmong)族

「世界難民の日」に想うこと_グゥツィア(歌)に込めた想い

「世界難民の日」に想うこと 今日、6月20日は「世界難民の日(World Refugee Day)」。 『織り人』では、“難民”にかかわりの深い製品を多くあつかっています。 『織り人』の目指すことは、難民キャンプにかかわらず、様々...