難民キャンプで作られたモン(Hmong)族のライフシーン刺繍

ライフシーン刺繍

モン(Hmong)族の刺繍

モン(Hmong)族の人たちは、刺繍を得意としていますが、刺繍といっても、✕を繰り返すクロスステッチ刺繍、鎖のようなチェーン刺繍、アップリケのまわりの小さなお花のワンポイント刺繍などさまざまです。

その中で、モン(Hmong)族のライフシーン刺繍では、下描きの絵を埋めるようなサテンステッチが使われ、少し盛り上がりのある刺繍で、生き生きとした仕上がりになります。

モン(Hmong)族の歴史とライフシーン刺繍

もともと自分たちの民族衣装を装飾するための刺繍でしたが、ライフシーン刺繍と呼ばれるモン(Hmong)族の生活のワンシーンの図柄を刺繍するようになったのは、1970年代後半から1980年代にかけて、タイ国境の難民キャンプ内で作られるようになってからといわれています。

タイのラオス国境沿いには、当時、ラオスから逃れてきた人たちを収容するために、5ヶ所の難民キャンプがつくられ、そのうちのひとつ「バンビナイ難民キャンプ」は、ほとんどがモン(Hmong)族出身の人たちだったといいます。

『織り人(Orijin)』が一緒に製品づくりをしているモン(Hmong)族の人たちもみな、「バンビナイ難民キャンプ」での生活を経験した人たちです。

難民キャンプのまわりは鉄条網がはりめぐらされ、外に出ることは許されず、畑仕事や狩りなどもできず、労働で賃金を得ることも許されなかったため、多くのモンの男性は、何もすることがない日々を送っていました。

当時、難民キャンプ内には、海外からの非営利組織(NGO)や宣教師たちが数多く支援に入っており、そうした人たちが、モンの女性たちがつくる布をタイ国内やアメリカ、ヨーロッパなどで売れるように働きかけていきました。得意の刺繍やアップリケの布が売れるようになると、女性たちは、ほとんどの時間を刺繍やアップリケをして過ごすようになりました。

モン(Hmong)社会では、男性と女性の役割がはっきりと分かれており、伝統的な生活の中では、男性が刺繍やアップリケなどの手しごとに関わることは一切ありませんが、現金収入を得る手段がほとんどない難民キャンプで、女性たちがつくる布だけが頼りだという状況の中で、あり余る時間をもてあましていた一部のモン男性は、女性たちとともに”売るための布”づくりをするようになりました。

そうして製作の分業化がおこり、ライフシーン刺繍の下絵は男性が、刺繍は女性がおこなうようになっていきました。

難民キャンプ閉鎖後、タイ国内に残ったモン(Hmong)族の男性の中には、刺繍やアップリケをしていることがありますが(今ではほとんど見かけませんが・・・)、その場合は、難民キャンプで生活していた経験がある人だと考えられます。
下の写真の左右は、同じ図柄のもので、左は刺繍前の下絵、右は一部刺繍したもの。刺繍は、一つひとつの絵を完成させていくのではなく、同じ色の刺繍糸の箇所をまとめて刺繍していくため、例えば、ニワトリの脚だけや、人の顔や手だけが先に刺繍されていきます。

ライフシーン刺繍の下絵と刺繍

ライフシーン刺繍の下絵は、野菜の収穫や稲の刈り入れ、脱穀の様子、ロバに荷物を積み畑から帰る様子など、モン(Hmong)族の村での生活のワンシーンが描かれることが多いですが、その他にも、モン族に古くから伝わる伝説や民話などが描かれることもあります。

下の写真2枚も、下絵と刺繍を始めた段階のものです。モン(Hmong)族の人たちは、中国南部から南下して、ベトナム、ラオス、タイへ移住してきたと言い伝えられており、そうした伝承をあらわした図柄となっています。上の部分に「CHINA」の文字が入っています。

ライフシーン刺繍を代表するモン(Hmong)族の移動の歴史の図柄

当時、難民キャンプで作られたライフシーン刺繍の図柄は、モン(Hmong)族の長く険しい移動の歴史を描いたものが多くありました。
中国南部を起源とするラオスのモン族の人たちが戦乱に巻き込まれ、タイの難民キャンプにたどり着き、そして、アメリカなど第三国へ移住していくまでの過程を描いたもので、村を焼かれ、命からがらメコン川を渡り、タイへ逃れてくる様子なども描かれています。


小さな正方形のものから、大きな横長のものまで、いろいろなサイズのライフシーン刺繍布がつくられ、そのまわりに布で枠をつくりタペストリーとして販売されていました。

この布の左上から右上へ、迫害を逃れて中国から南下していき、ラオスの山での平穏な生活、戦火を逃れるため、大きな荷物を背負い、ラオスのローンチェンから飛行機に乗り避難する様子が描かれています。

そして、右下から左下へ、ローンチェンからの飛行機に乗れず、バスや徒歩でタイ国境を目指す途中、共産兵に銃撃され、村を焼かれ、命からがらタイ国境のメコン川へたどり着き、小さな筏に乗り、筏に乗り切れない人たちは、おぼれないよう竹を脇にはさみ、泳いで川を渡っていきました。命からがら、バンビナイ難民キャンプにたどり着き、第三国定住へ向けての審査を受け、飛行機でバンコクを出発していく様子が描かれています。

ライフシーン刺繍は、モン(Hmong)族の人たちにとって伝統的なものではなく、難民キャンプの中で、”売りもの”として作られていたものですので、こうしたセンセーショナルな図柄は、人々の関心を得るために欠かせないものだったのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました