モン(Hmong)族のお札

 

モン(Hmong)族の新年のお札

モン(Hmong)族の新年「ノーページャオ」。
新年(新月)の前日の夜、各家庭で先祖の魂を呼びよせ、お札を燃やして儀式をおこないます。
そして、家の中のすべてのものに、新しいお札を貼っていきます。

それが終わると、新しい年を迎えることができるのです。

モン族の新年は、新米の収穫後の新月の日とされています。
収穫時期が一緒ではないため、村や地域によって、お正月の時期が異なります。
平地では11月頃であったり、山の上の方では12月になってからであったり・・・。
米の収穫が終わり、次のお正月に向けて、準備をしていくのです。

モン族の新年のお札_織り人(Orijin)

 

家の出入口には、悪霊が入り込まないように、特にたくさんのお札を貼り、家の中の柱にも貼っていきます。
新しい年を、家族みんなが健やかに過ごせるようにと祈りを込めます。

モン族の新年のお札_織り人(Orijin)

モン族の新年のお札_織り人(Orijin)

モン族の新年のお札_織り人(Orijin)

 

台所は、モン(Hmong)族の人たちにとって生活の要。
モン族の女性にとって、とても重要な場所です。

台所の柱だけでなく、鍋や七輪、調理台や貯水用のバケツにも、しっかりお札を貼っていきます。

お札は、お正月の間、自然に落ちるまで貼っておきます。
そして翌年、古いお札が残っていれば、その上にまた重ねて貼っていきます。

モン族の新年のお札_織り人(Orijin)

モン族の新年のお札_織り人(Orijin)

 

そして、農作業に欠かせない鎌や、『織り人(Orijin)』の大切なミシンにも。
『織り人』のお客さまみなさまに喜んでいただけるものを、ずっとずっと作っていけますように・・・。

*写真はすべて筆者撮影(2017年12月末)
 タイ北部モン(Hmong)族の村にて。

モン族の新年のお札_織り人(Orijin)