2019-02

麻布と藍染め

ベトナム黒モン(Hmong)族の藍染め

ベトナム黒モン(Hmong)族の藍染め染料(泥藍)のつくり方 ベトナム北部の黒モン(Hmong)族の村を訪れた時、大きな藍樽が置かれていました。 藍染めを始めるには、まず染料をつくらなくてはなりません。 藍の葉を摘んできて、3日ほ...
麻布と藍染め

ベトナム黒モン(Hmong)族の麻布の織り

麻糸づくりの季節の機織り機 ベトナム北部の黒モン(Hmong)族の村を訪れた時、その時期は、麻糸づくりの季節で、あちらこちらで、歩きながら、おしゃべりをしながら・・・、糸績みしている姿を見かけました。 でも、その時期は、みな麻糸づ...
麻布と藍染め

モン(Hmong)族の藍染め

モン(Hmong)族の藍染めの麻布 モン(Hmong)族の麻布は、白モン族のプリーツスカートのように、生成りの白い色のまま使うこともありますが、藍に染めて使うことが多いです。 蜜蝋で模様を描き、藍に染めた布は、青モン族のプリーツスカートに...
カレン(Karen)族

カレン族の「腰機」織り

カレン族の「腰機(こしばた)」の機織り 「機織り」は、世界各地で、すべての民族でおこなわれているもので、それぞれの地域、それぞれの民族によって異なる「機織り機」がつくられました。 カレン族の機織りは、床に座り、足を突っ張り、腰に腰帯をまわし...
麻布と藍染め

モン(Hmong)族の麻布織り

モン(Hmong)族の麻糸の織り 麻の栽培から収穫、糸づくりまでの長い時間を経て、やっと機織りを始めることができるようになります。 通常は、農作業が一段落した農閑期におこなうことが多く、時間を見つけては、織っていきます。 家の中や軒先に織...
麻布と藍染め

モン(Hmong)族の麻糸に込められた願い

モン(Hmong)族の麻糸に祈りを込めて・・・ モン(Hmong)族の人たちにとって、”麻”は欠かせない存在であり、とても重要なものです。 丹精込めてつくる民族衣装に使われる麻布には、家族への想い、それを着る人にしあわせが訪れますように・・...
麻布と藍染め

ベトナム黒モン(Hmong)族の麻糸づくり

ベトナム黒モン(Hmong)族の人たちの麻の民族衣装 ベトナム北部は、モン(Hmong)族の中でも黒モン族と呼ばれる人たちが多く暮らしています。 黒モン族の人たちの民族衣装は、青モン族や花モン族など他のモン族の人たちのように...
麻布と藍染め

モン(Hmong)族の麻糸績(う)み

モン(Hmong)族の麻糸づくり 民族衣装にしたり、刺繍をしたりする「布」をつくるためには、切れ目のない長い糸が必要です。 そのため、麻などから採取した自然素材の繊維を長くつなぎ合わせる「撚り(より)」の技術が進み、長い糸をつくることがで...
麻布と藍染め

モン(Hmong)族の麻糸づくり

モン(Hmong)族の麻糸づくり 十分に乾燥させた麻は、軒先に立てかけおき、麻糸づくりが始まるのを待ちます。 まず初めに、全体に軽く水をかけます。 茎の表面の皮をはいでいきます。 ...
麻布と藍染め

モン(Hmong)族の麻づくりの村の風景

麻の刈り入れ後のモン(Hmong)族の村の風景 9月、10月頃、麻栽培をしているモン(Hmong)族の村を訪れると、村のあちらこちらに麻の茎を干している風景に出逢います。 刈り入れ後、日差しの強い昼間、数週間から1カ月ほどかけて、しっかり...